ごあいさつ

儘多屋(ままだや)は創業明治16年の古くて小さな旅館です。

創業当時は、入間飯能青梅を行き来する馬を引いた商人たちが立ち寄る宿、または湯治宿として営業しておりました。

館内は創業当時の木材をところどころ活かしながら、JAZZの流れるロビー、それぞれ造りの異なる客室など、新しいエッセンスを取り入れております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お食事の一例

 


1階にはイステーブル席対応の宴会場もあり、ご家族そろってのお食事会や団体でのご宴会も可能です。

地元青梅の食材をできるかぎり使用したお料理は、温かいものは温かいまま、冷たいものは冷たいままお客様にお出しするようにしております。地酒、本格焼酎、梅酒、ワイン、カクテルなどの豊富なお酒メニューも好評です。

 

 

 

イステーブル席

 

東京の里山・青梅市小曽木の岩蔵温泉へ。

素朴な風情をどうぞ味わいにいらしてください。

 

(注)小さくて素朴な田舎の宿屋です。ホテルのようなサービス、テレビで見るような旅館の仰々しいサービス、おもてなしは一切できません。そういったことをご希望のお客様や神経質な方は、ミスマッチを防ぐためにも、ぜひ一度ご予約を再検討ください。

客室への女将の挨拶回りなど…「いたしません」ので、どうぞご理解の程よろしくお願いします。

また、以下のことをご理解の上ご利用ください。

当旅館は子育てしながら家族プラスアルファのスタッフで営業しています。日本の従来の大型旅館のように、24時間365日営業しているわけではございませんこと、ご理解お願いいたします。(平日休業日多々あります)

 

創業してから130年経っています。内装はレトロといえばレトロです。が、便利さにおいては今一つかもしれません。その点をよくご理解のうえご利用ください。

・館内エレベーター・エスカレーターなど一切ございません

・冬は非常に寒いです

・敷地内にイノシシ・シカ・カモシカ・アライグマ多数出没します

・ロビー前のテラスをアライグマが横切ります

・天井裏にムササビが来ることがあります

・自然いっぱいの山や川の近くの為、気候によっては虫が館内室内に入ってくる場合があります

私たちがお待ちしております

 

会社概要

屋号 儘多屋(ままだや)MAMADA-YA
設立 創業明治16年
住所

〒198-0003 東京都青梅市小曾木5丁目3140

TEL 0428-74-4221 または 070-4807-8279
FAX 0428‐74‐5045
e-mail info@mamadaya.com
電話受付時間 木金10:00~17:00

土日祝10:00〜18:00

(折り返しお電話することがある場合、070〜の番号からの場合がございます)

営業日 金土日祝日(夏休み期間や特別期間など平日営業もあり)、不定休

電話受付時間 木金 10:00~17:00
土曜・日曜・祝日 10:00~18:00

※月~水は、メールにてお問合せください。 担当が不在の場合は、折り返しお電話いたします。
不定休(平日は休業の場合がございます)。

ご宿泊プラン
※ご宴会・ご法事でのご利用、合宿等はご利用の曜日にかかわらずお早めにお問い合わせください。
宿泊プランを詳しくみる

ご法要・ご宴会 プラン
宴会プランを詳しくみる

※下見の際には事前にご連絡をお願いいたします。