こんにちは。

先日、いま青梅で大人気のリバーアクティビティ「ラフティング」を体験してきた様子をアップしたいと思います。

お世話になったのは、奥多摩ラフティングさん。

とても丁寧な対応がいつもお客様から好評です。

当日の流れとしてはまず、軍畑にある奥多摩ラフティングさんの基地に集合、申込書等を記入し、丁寧な説明を受けてから更衣室でウエットスーツへ着替えを済ませます。更衣室は男女分かれており、貴重品ロッカーも完備しており安心です。

準備ができたら、いざ、上流のスタート地点へ。スタッフの方が車で連れていってくださいます。

川へ降り、ボートに乗り基本的な漕ぎ方など教えてもらい、スタート。

私たちのボートは、私・妹・古民家いろりの女将さんの3名プラス奥多摩ラフティングの中野さんでした。

最初は、ぷかぷか浮かぶ感じで(内心、楽勝楽勝とつぶやき侮っていた)。

それからだんだん川の流れに乗っていき、下る速度がどんどん速くなっていきます。

ところどころ、岩にぶつかりながら進んでいきます。

ボートから落ちたときの対処方法などもきっちり教えていただいているので、安心です(優しくて面白いスタッフさんです)。

途中、澤乃井さんの澤乃井ガーデンあたりを通過しますと、そこのお客様たちが手を振ってくれたりしました。ほのぼのする光景です。

その後、穏やかな流れのところで、ボートを降りて川岸で一休み。

そこでいただいたお茶の美味しいこと美味しいこと。

風は涼しく、猛暑なのを忘れてしまうくらい気持ち良いです。

希望者は、6メートルの岩から飛び降りる体験もできます。

高所恐怖症の私はもちろんやりませんでしたが、妹は体験してきました(彼女、中学時代にバンジージャンプ経験あり)。

休憩が終わると、再度ボートに乗ります。

すると。

いきなり、急流に!!!

ボートは揺れに揺れ、ついに妹はボートから落ち、流れていきました。このとき、スタッフさんから教えていただいたとおりにラッコのポーズで流れたため、無事でした。

そして私は、落ちるもんかとボートにしがみつくも、ボートが転覆し、無念。

ゴボゴボ耳の中で音が聞こえます。

もう終わりか…と一瞬覚悟を決めたのですが

ライフジャケット装着していたので、自然に浮いてきました(ライフジャケット装着についても、一番初めに丁寧な指導がありますので安心です)

ビビりの自分は、この数分間だけは恐怖の時間帯でしたが、そこは、スタッフの方、さすがです。きっちりフォローしてくださいました。

どんなアクシデントにも冷静に安全に対処してくださるので、安心できます。

ラフティング後すぐは、気分が高揚していたため、このままランチして、梅の湯さんにでもいこうかな。。。などと話しておりましたが、次第に疲労感が出てきてしまい、途中でラーメンを食べ家に直帰、そのまま眠ってしまいました。

眠りから覚めると、なんだか良い1日を過ごしたなという達成感・満足感。

また、機会があれば体験してみたいと思います。

都心からもすぐですし、皆様是非一度ラフティングを体験してみてください。

ラフティング後は、疲れがどっと出るので(特に私のような30代~40代以上は)、青梅の中で宿泊されることをおすすめいたします。

奥多摩ラフティングさんでは、そのような宿泊もプランもありますので、ぜひ一度ご相談ください。

奥多摩ラフティングさん、ありがとうございました。

 

奥多摩ラフティング

 

 


電話受付時間 平日 9:00~18:00
土曜・日曜・祝日 10:00~18:00

※ランチ・夕食時間等電話に出られないことがあります。 担当が不在の場合は、折り返しお電話いたします。
不定休(平日は休業の場合がございます)

ご宿泊プラン
宿泊プランを詳しくみる

ご法要・ご宴会 プラン
宴会プランを詳しくみる

※下見の際には事前にご連絡をお願いいたします。

お勧めの記事

カテゴリー : BLOG